お客様満足度の向上

システムの提供とサポート体制強化

PRONEXUS WORKS FDS(Fund DocumentSystem)

当社は、上場企業を主な対象とした開示業務支援システム「PRONEXUS WORKS」、そのオプションである会計連携開示支援システム「WORKS-i」、投資信託運用会社向けの書類作成システム「FUNDDOCUMENT SYSTEM(FDS)」、J-REIT 運用会社向けの業務支援システム等を開発・提供し、お客様の業務効率と精度向上に寄与しています。

こうしたシステムの機能向上を継続実施したことに加えて、お客様サポート体制を強化し、コールセンターにおけるテクニカルサポートメンバーの増強、お客様向けの動画マニュアル作成等を行っています。

より付加価値の高いサービスを提供

2015年6月に「コーポレートガバナンス・コード」が制定されました。これを背景に、お客様企業のIRの需要が高まり、ディスクロージャー・IRツールの英文化ニーズが増加しています。

当社は、英文財務・会計・IRの専門ノウハウを持つグループ会社との協力関係を強固にし、英文開示の専門スタッフによるアドバイスや提案活動を活発に行いました。

また、当社は、2012年からラジオNIKKEIの番組「朝イチマーケットスクエア『アサザイ』」を提供しています。番組には、当社のお客様企業にご出演頂き、個人投資家向けのIRメディアとしてご利用頂いています。この番組の関連企画として、「アサザイ・IRスペシャルセミナー」を当社汐留ビルディングにて、また、それより大規模な会社説明会「企業IR&個人投資家応援イベント」を全国主要都市で開催しており(いずれもラジオNIKKEIと共催)、お客様企業と個人投資家のコミュニケーションの場を提供しています。

投資信託関連分野、J-REIT関連分野においては、お客様からのご要望に対応し、従来型の実務支援サービスや法的チェックサービスに加え、実務そのものを代行するアウトソーシングサービスの拡充に努めました。

また、運用報告書の作成ルール変更にも対応し、専門家によるアドバイスや事例提案等お客様への情報提供活動を強化しました。

コンサルティング活動

当社では、ディスクロージャー研究部の専門家を中心に総勢約80名のコンサルティングスタッフが、タイムリーな情報提供、問い合わせへの回答・アドバイス、制度や規則に基づく校閲等、専門性の高いサービスを提供しています。

ディスクロージャー研究部では、お客様のご要望にきめ細かく対応するご訪問や個別セミナー等も実施しています。

ディスクロージャー研究部が編集するディスクロージャー関連の冊子、「手引き」「ガイドブック」等は年間38品目、合計8万5千部を発行しています。

IR部門においては、お客様のIR活動向上に資する、IRのご担当者向けの無料セミナーを全国主要都市で定期開催しています。証券アナリストやIR担当としての経験を有するIRコンサルタントが、IRのトレンドやテーマに沿った講演を行い、好評を頂いています。

セミナー事業

会社法・金融商品取引法はもとより経理財務やIFRS、さらには法務・労務・税務、海外英文関連に至るまで、「実務に活きる」をモットーに様々なプログラムを提供しています。セミナー会場、Webゼミ、企業内研修等をあわせて、年間1,000回以上開催し、約30,000名様にご利用頂いています。

品質向上のためのマネジメント

当社は、製品・サービスに関する顧客満足度の継続的な向上を目指した品質マネジメントシステムの国際規格ISO9001認証を、全社で取得しています。品質管理部を事務局とした「全社品質対策委員会」を中心に、品質監査・マネジメントレビューのPDCAを推進し、各部門における品質意識向上と問題解決の迅速化を図っています。

また、1983年よりトヨタ生産方式を源流とする品質・生産性向上活動を行うNPS研究会に参加しています。会員企業が共同で行う改善研究にも参加し、自社の改善活動に活かしています。