経営戦略 対処すべき課題

制度環境が大きく変化する中、以下の課題に取り組むことにより、事業領域の拡張、競争力・収益力・顧客満足の向上に努めてまいります。

  • 1. 株主総会プロセスの電子化等、開示制度の変化に対応した中核ビジネスの強化と拡張
  • 2. 制作・製造プロセスの電子化対応・生産性向上
  • 3. 上場会社・金融商品両分野におけるアフターコロナを展望したDX対応とサービス拡充
  • 4. システムサポート・BPOサービスの強化による実務支援領域の拡大
  • 5. 新型コロナウイルス感染症の予防対策・労働環境の整備とBCP体制の強化
  • 6. ESG・サステナビリティに関わるコンサルティング、開示・IR支援体制の強化
  • 7. 海外投資家の増大と資本市場のグローバル化に対応した英文開示体制の強化
  • 8. Web化の進展に対応した企画制作体制の強化
  • 9. データベース事業の集約によるサービス強化と市場拡大
  • 10. アジア市場における日系企業支援サービス体制の強化