環境保全活動/環境理念・方針・体制

環境保全活動

環境理念、環境方針

環境理念、環境方針を定め、それに基づいた環境保全活動をグループ全体で継続的に推進しています。

環境理念

当社は「企業のディスクロージャーとIRを総合的に支援する専門会社」として、環境に優しい事業活動を継続的に行い、社会に貢献いたします。

環境方針

  • 1. 自らの環境方針にもとづき、環境目的、目標を定め、定期的に見直しを行い継続的に改善いたします。
  • 2. 事業活動に伴う環境側面を把握し、エネルギー及び資源の効率的な活用と汚染の予防に努めます。特に次の事項について重点的に取り組みます。
    • 1. 資源の有効利用(廃棄物の削減・再使用・再生利用)
    • 2. エネルギーと使用資材の有効活用(CO2削減)
    • 3. ムダの排除による環境負荷の低減
    • 4. 「プロネクサスの森」づくりを通した森林資源の保護
  • 3. 環境に優しいものづくりの仕組みを構築し、発展させます。
  • 4. すべての社員及び協力会社の社員に対し環境方針を周知し、全員が積極的に環境保全活動に参加します。
  • 5. 環境方針は当社Webサイトを通じて、一般に公開します。

2014年5月6日 代表取締役社長 上野 剛史

推進体制

当社は、環境マネジメントシステムの認証を継続維持しています。
戸田工場(製造部門)では、環境管理責任者をメンバーとした「環境委員会」を開催し、VOC(揮発性有機化合物)抑制のための化学物質使用状況・保管方法等の情報共有をはじめ、生産工程で発生する様々な課題解決に取り組んでいます。

本社(営業・管理部門)においても、省エネの徹底・執務スペースの内の空気環境測定等を実施しています。また、部門単位の活動の進捗を確認するため、監査室が内部監査を実施し、その結果をフィードバックするとともに経営陣にも報告しています。