プロネクサス懸賞論文
プロネクサス懸賞論文 受賞作品一覧

第9回(2017年度) 優秀賞 1件  佳作 3件

受賞
内容
氏名(敬称略) 所属 テーマ
優秀賞 十見 元紀
白井 文乃
東京経済大学
経営学部4年
東京経済大学
経営学部3年
「IFRSにおける連結財務諸表の比較可能性の進展に向けて」
佳作 佐々木 美穂
岡崎 琴音
東北学院大学 
経営学部3年
「取締役会実効性評価の開示実態と改善にむけた提言」
佳作 岩田 聖徳 一橋大学大学院
商学研究科
「機関投資家による議決権行使に係る開示の実態と影響
―買収防衛策議案への投票データを用いた分析と提言―」
佳作 野原 啓佑 東京大学
経済学部4年
「取締役会および監査役会の特徴が経営者予想利益の精度に与える影響」

※受賞論文、講評の全文は研究所レポート第12号に掲載してあります。

第8回(2016年度) 優秀賞 2件  佳作 1件

受賞
内容
氏名(敬称略) 所属 テーマ
優秀賞 上坂 夏未
日江井 麻里
一橋大学 
商学部4年
「役員報酬上限設定の盲点」
優秀賞 花塚 勇矢
柳下 嶺
一橋大学 
商学部3年
「政策保有株式に関する情報開示制度の改善案の提言」
佳作 青 柚希 法政大学
経済学部3年
「個人株主向けIR活動と株式長期保有促進効果」

※受賞論文、講評の全文は研究所レポート第11号に掲載してあります。

第7回(2015年度) 最優秀賞 1件  佳作 2件

受賞
内容
氏名(敬称略) 所属 テーマ
最優秀賞 上坂 夏未
日江井 麻里
一橋大学 
商学部3年
「日本における自己株式取得の実態と開示内容改善への提言」
佳作 河野 直樹
岸本 実
一橋大学 
商学部3年
「日本企業は中期経営計画とどのように向き合っていくべきか」
佳作 中野 智絵 東京経済大学
経営学部3年
「銀行における株式保有の実態とその積極的開示に関する提案」
横田 眞奈弥 東京経済大学
経営学部2年

※受賞論文、講評の全文は研究所レポート第10号に掲載してあります。

第6回(2014年度) 優秀賞 1件  佳作 2件

受賞
内容
氏名(敬称略) 所属 テーマ
優秀賞 高崎 祥徳
野中 菜央
一橋大学
商学部4年
「役員報酬開示の実態と有用性向上への提言」
佳作 栗田 奈津希
宮内 拓郎
北九州市立大学
経済学部3年
「どのようなディスクロージャー情報が株主資本コストを引き下げるのか
―SAAJによるディスクロージャーランキングを利用した実証研究―」
佳作 松尾 剛行 桃尾・松尾・難波
法律事務所 弁護士
「金融商品取引法上のディスクロージャーにおいて
虚偽記載等として禁じられる
『誤解を生じさせないために必要な重要な事実』と『記載すべき重要な事項』の意義」

※受賞論文、講評の全文は研究所レポート第9号に掲載してあります。

第5回(2013年度) 優秀賞 1件  佳作 2件

受賞
内容
氏名(敬称略) 所属 テーマ
優秀賞 円谷 昭一 一橋大学大学院
商学研究科
准教授
「外国人投資家の実像とディスクロ−ジャ−・IR」
佳作 井上 隆文 東京大学大学院
経済学研究科
修士2年
「IFRS基準に基づいて作成された有価証券報告書を利用するにあたっての問題点」
佳作 飯尾 英晃 京セラ株式会社
経理部
「包括利益と表示通貨の選択問題の考察」

※受賞論文、講評の全文は研究所レポート第8号に掲載してあります。

第4回(2012年度) 優秀賞 1件  佳作 1件

受賞
内容
氏名(敬称略) 所属 テーマ
優秀賞 鈴木 智大 亜細亜大学
経営学部
専任講師
「業績予想の開示戦略と経済的帰結」
佳作 飯泉 潤 東京経済大学
経済学部 4年
「有価証券報告書における情報開示の課題と改正案
−第2「事業の状況」の総括的な研究とさらなる企業内容開示制度の展望−」
木村 大樹 東京経済大学
経営学部 4年

※受賞論文、講評の全文は研究所レポート第7号に掲載してあります。

第3回(2011年度) 優秀賞 1件  佳作 1件

受賞
内容
氏名(敬称略) 所属 テーマ
優秀賞 金  鉉玉 東京経済大学経営学部
専任講師
「リスク情報開示とリスクマネジメント体制整備に向けた新たな視点
−ディスクロージャー制度の次なるステップへの展望−」
安田 行宏 東京経済大学経営学部
准教授
佳作 加藤 良治 一橋大学
商学部3年
「マネジメント・アプローチがセグメント情報の開示に与えた影響」

※受賞論文、講評の全文は研究所レポート第6号に掲載してあります。

第2回(2010年度) 佳作 2件

受賞
内容
氏名(敬称略) 所属 テーマ
佳作 國見 真理子 慶應義塾大学大学院
商学研究科 修士課程
「日本の資本市場における非財務情報ディスクロージャーに関する一考察
―効果的なCSR情報開示に向けたルール作成の必要性について―」
佳作 宮川 宏 専修大学大学院
経営学研究科
博士後期課程
「経済的実質セグメントを機軸とした新たなディスクロージャー」

※受賞論文、講評の全文は研究所レポート第5号に掲載してあります。

第1回(2009年度) 優秀賞 1件  佳作 1件

受賞
内容
氏名(敬称略) 所属 テーマ
優秀賞 円谷 昭一 埼玉大学経済学部
准教授
日本IR協議会客員研究員
「事業セグメント情報にみるディスクロージャー制度の展望
―IRを踏まえた基準作成の必要性―」
佳作 山ア 麻美
郡司 麻未
成城大学
経済学部3年
「気候変動関連情報の投資家向け開示をめぐって
―国際的な開示フレームワークとの関連を中心に―」

※優秀賞受賞論文・講評全文は研究所レポート第4号に掲載してあります。